ゲーム実況者の評価:けい編

スポンサーリンク

けいさんはゲームの腕前が高い実力派の実況者です。

顔出ししたり体を張った芸をやったり品がない言葉で再生数を増やす、といったことはやらないお方です。

最近はアイワナの実況をひたすらやっています。

アイワナは一度ダメージを食らうと一発アウトの超難関アクションゲームなので、一つ一つ着実にトラップを学習してジリジリ進めていくゲームの腕はさすがです。

特筆すべき点はマリオカート8の腕です。最近はマリオカートの更新が止まってしまいましたが、100動画近くアップされているのでかなり参考になります。

おそらくYoutubeで実況してる人の中では最も上手い方ではないでしょうか。

この動画を見てもわかるとおり勝ちにこだわるタイプの人です。マリオカート8は勝ちに行くことにこだわらない人もいるので、そういった人のマリオカートはつまらないです。

上に貼った動画はサンシャイン空港のレースで、2位の人がトリプル赤こうらを出したものの1位を走っているけいさんに投げずに、ずっと保持して最後まで2位をキープしようとした”赤こうら保持事件”が収録されています。

マリオカート8は1位と2位のゴールしたタイムに大きな開きがあっても僅差であっても貰えるポイントは変わりません。つまり順位だけが重要であってその間にどれだけの距離の差を付けていたかどうかはまったく得点に関係ないのです。

1位でも2位でも貰えるポイントはさほどかわらないので、ポイントを獲得するためには冒険して1位か下位になってしまうよりかは手堅く2位のままでといった行動が合理的になってしまいます。

だからこの2位の走者はそのような合理的行動をとっていました。

確かに経済学のゲーム理論ならそれが最適戦略になるでしょう。しかしこの動画の実況中でもけいさんが言及していますが、レースゲームというのは上位を追い抜いて自分が1位になることを目標にするゲームです。

だから1位を取ることにこだわらない人のマリオカート実況というのはつまらないのです。

その点けいさんは常に1位にこだわる人で、conservativeよりaggressiveな価値観で走るので見ていて面白いです。

またたった4回分だけでおわってしまいましたが、恐怖の森というホラーゲームの実況も面白いです。完全に初見でプレイしているようなので完全に素人ぽいプレイスタイルになっているのがいいところです。

けいさんはマリオカートを投稿している時期はずっとマリオカート、アイワナを投稿している時期はずっとアイワナのようにしていることが多く、多数のゲームを混ぜて投稿することはあまり見受けられません。

普通ゲームをやるときは複数のゲームを日替わりでやったりなどはせず、しばらくずっと同じゲームに集中することがほとんどです。けいさんの投稿もそれと同じようになっています。

むしろ毎日違うゲームの実況を投稿しているほうが不自然であり、そのようにするのはより多くの人の興味に触れるゲームを取り揃えて多数のアクセス数を集めてYoutubeで収益をあげるということを優先している人の行動です。一方でけいさんはそれよりかは純粋に好きなゲームをずっとやり続けている、そんな感じの方です。このまま実況をマイペースで続けて行ってほしいと思っています。

スポンサーリンク