一匹も子供を産めなかった子無し小池百合子がまた新たな敗北 都職員に「石原慎太郎へ損害賠償請求しろ」と命令するも石原元知事に責任を問うのは法令上困難だと職員が判断

スポンサーリンク

民進党離脱組しか集まってくれない小池百合子にとってまた新たな敗北案件が登場しました。

築地市場の豊洲移転をめぐり、土壌汚染対策費を考慮せずに土地を購入したのは違法として、東京都民が当時知事だった石原慎太郎氏への賠償請求を都に求めた訴訟の進行協議が7日、東京地裁であり、都側は石原氏の責任を問わない姿勢を示した。原告側が明らかにした

都側は従来、石原氏に責任はないとの方針だったが、小池百合子知事が今年1月に見直しを表明。しかし関係者によると、資料を精査した結果、都として法的責任を問うのは難しいと判断したもようだ

産経新聞 http://www.sankei.com/politics/news/170807/plt1708070026-n1.html

小池百合子のようなババアは基本的に自分の責任を認めず全てを責任転嫁しようとする生き物です。今回も豊洲問題を石原慎太郎元知事になすりつけようとしましたが、資料を精査した結果、東京都(都庁)として法的責任を石原慎太郎元知事に問うことは法令的に難しいとわかったため、なんとしてもゴリ押ししたい小池百合子と東京都職員(都庁の公務員)が闘って結局都庁職員の言うとおりになったということです。

小池百合子が都庁職員を恫喝して行政を捻じ曲げようとしましたが、都庁職員が今回中立的に仕事をしてくれたおかげで小池百合子が敗北した格好です。

女である以上子供を産むのが最大の仕事ですが、そんな最低限の仕事さえできないのに石原慎太郎に損害賠償請求するなんて仕事ができるはずがありません。子供を産むという女として最低限の仕事さえできないまま老いてしまい子孫を残せないまま死んでいく小池百合子は究極の負け組だと言えるでしょう。

スポンサーリンク