軍需株

軍需株

トランプ大統領「対シナ関税9月1日から+15%、10月1日から+30%」表明で日経平均株価とTOPIXが下落するも軍需株は大幅高

2019年8月26日(月曜日)の株式市場は大荒れです。 主要因は日本時間の2019年8月24日(土曜日)午前6時にトランプ大統領がTwitterで表明した「既に発動済みの対シナ関税第1弾~第3弾の追加関税を+25%から+30%に引き上...
軍需株

日経平均・TOPIXは下落でシナ上海総合は暴落 その要因のヒントは軍需株の上昇 イラン暴走で全体としては株安が進行中

2019年7月8日の株式市場は面白いものでした。 シナの主要株価指数である上海総合指数が大暴落。2%を大きく超える下落です。 南朝鮮のKOSPIもマイナス2%。これは日本の経済制裁効果も含まれています。 これらの株...
トランプ大統領

戦争大好きなボルトン氏が安保補佐官に2018年4月9日就任 「台湾国へ米軍駐留」を主張しシナと戦争するきっかけを作ってくれる超強硬派

2018年4月6日をもって米国のマクマスター国家安全保障担当補佐官が退任しました。4月9日よりジョン・ボルトン氏が当該ポストに着任します。 ボルトン就任前から早速悲鳴を上げている左翼 時事通信の記事が非常によく「サヨクの悲鳴」を体現して...
トランプ大統領

本日2018年3月18日でヒラマサ五輪&パラリンピック全て終了 ティラーソン国務長官更迭を早めてくれたヒラマサ五輪

2018年3月18日21:20で一連の”ヒラマサ祭り”は終了します。 このヒラマサ五輪は非常に好ましい結果を導いてくれました。 対話派のティラーソン国務長官更迭を早めたヒラマサ五輪 トランプ政権のメンバーが戦争好きな強硬派に次々と...
トランプ大統領

トランプ大統領がマクマスター国家安全保障補佐官を解任 「とりあえず空爆」のボルトン氏復権か

トランプ大統領はティラーソン国務長官を更迭することを決定し軍需株が上昇しています。 ティラーソン国務長官は米国が折れて北朝鮮に譲歩すべきだという軟弱外交派だからです。そのティラーソンがクビになるということでまたもやきな臭くなってきてく...
トランプ大統領

祝!ティラーソン国務長官をトランプ大統領が更迭 米国ダウ平均と日経平均株価下落も戦争株は上昇 ポンペオ国務長官もマティス国防長官双方とも士官学校卒の元軍人に

本当に喜ばしいbreaking newsが2018年3月13日の22時頃に飛び込んできました。 日本の外務省でいう外務大臣に相当する職、米国の国務長官を努めているティラーソン氏が更迭されることになりました。 ティラーソンの任期は...
軍需株

米国がエルサレムをイスラエル首都認定で着実に近づく開戦 軍需株も上がり平和が大好きな公明党支持者は息苦しい時代に

ここ最近で一番大きなニュースは米国ティラーソン国務長官の更迭観測報道でしたが、2017年12月6日に報道された「米国がエルサレムをイスラエル首都認定」の件はさらに大きなニュースです。 ティラーソン国務長官の更迭についてはまだ先が読めな...
軍需株

米政府が非公式に南朝鮮から資金を引き上げるよう勧める 「新興国」「エマージェンシー」投資信託を保有している馬鹿な日本人も例外ではない

産経新聞の報道によると、米政府高官が「南朝鮮から個人資産の移動」を勧める非公式の声明を情報誌経由で出したようです。 米ワシントンのアジア関連のニュースや情報を提供する日報「ネルソン・リポート」は21日、複数の米政府高官が、米軍による北朝鮮...
軍需株

米朝戦争、2018年度のNISA口座は軍需株仕込みが鉄板 つみたてNISAは投資信託しか買えないので論外

産経新聞の報道によると、米国は既に北朝鮮への軍事攻撃を決定しているようです。 「米国が来年、北朝鮮に軍事行動をとる可能性が出ている」 政府高官は最近、こう明言した。そして「今年は対北経済制裁をやったばかりで、これからその効果と反応を...
軍需株

トランプ大統領の国連総会演説「北朝鮮を完全破壊する」でIT株暴落、軍需株大幅高、テレビ局株横ばい

2017年9月20日の株式市場は日経平均株価が終始横ばいだったこともあり「もみ合い」と評価されていますが、業界ごとにしっかり明暗が分かれています。 昨晩、トランプ大統領が国連総会の演説で、「北朝鮮を完全破壊する」と発言し、議場からはど...
軍需株

北朝鮮のICBM(ミサイル)発射は2017年9月11日(月)の米国時間8:45、日本時間21:45頃か

2017年9月9日の北朝鮮建国記念日にICBM発射があるのではないかと報道されていましたが結局何もありませんでした。 なぜなら9月9日は北朝鮮にとっての記念日であって、その日にミサイルを発射しても米国やシナや日本に対して精神的打撃を与...
軍需株

北朝鮮水爆核実験敢行で表面化した日本軍需株とIT株の明暗

2017年8月29日に北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した際は、一時的に石川製作所や細谷火工などの軍需株が上がったのみであり、翌営業日には落ち着きを取り戻しました。 米国がこのミサイル発射をサラリと受け流したこともあり、「日本列島をミ...
軍需株

2017年8月14日東京株式市場、日本軍需株ストップ高 朝鮮人の不幸で金が増えるなんてこんな美味しいものはない

先週は金曜日が休場だったので久々の営業日ということで軍需株は激しいジャンプとなりました。 機雷の石川製作所と、吊光弾の細谷火工は20%以上上昇のストップ高です。日経平均株価とTOPIXが総崩れの中で、他の軍需株である旭精機工業、豊和工...
トランプ大統領

北朝鮮と米国の戦争リスクに備える株式投資戦略:有事になってもならなくても損失を回避することを重視

テレ朝やTBSは全放送枠を加計学園に割り当てたいようですが、さすがに北朝鮮と米国の開戦リスクを無視できなくなったようで嫌々渋々北朝鮮情勢の報道を開始しています。 実は北朝鮮は世界最大の親日国です。安倍内閣の支持率が下がり切った適切なタ...
トランプ大統領

マティス米国防長官が来日 大幅に日本の軍拡負担を求めてくれば軍需株高

マティス米国防長官が2017年2月10日の日米首脳会談に先立って3日に来日します。外交トップとしての国務長官ではなく、安全保障トップの国防長官が来るということから軍事的側面から日本の協力を取り付けるためです。 日本から米軍が出ていくと...
トランプ大統領

トランプ大統領はNATO軽視、日本は欧州とロシア間の戦争特需に期待

本サイトでは何度も「経済と軍事(安全保障)は一心同体」だと記載していますが、それによって大きく利益を挙げられるチャンスが欧州でやってきそうです。 トランプ次期大統領は「EUがバラバラになろうが知ったこっちゃない」と発言しました。 ...
米国大統領選挙

米大統領選トランプ勝利!日本軍需企業3社が株価上昇率トップ5に

日本軍需株の時代が到来です。 米大統領選はEU離脱と同じ流れになりました。事前の予想を覆しトランプ氏が次期大統領に選ばれました。 世界各国は、自国最優先主義、軍国主義の道を歩むことが決定的になりました。実際に日本では軍需株が上昇...