森友学園籠池氏証人喚問決定もなぜか下がらない日経先物、おそらく安倍昭恵の寄付は本当

森友学園理事長である籠池氏を衆参予算委員会で証人喚問することが確定し、さらに「安倍昭恵経由で安倍首相から100万円の寄付があった」と籠池氏は主張していると報道されました。

証人喚問の実施が確定し、さらに安倍首相からの間接的な寄付があったと籠池氏が主張したと報道された後でも、現在取引されている日経先物は昨日よりも高く高値圏で推移しています。

どうやら今のところ金融市場は安倍辞任を全く織り込んでいないようです。

第一の理由としては、仮に寄付していたとしても法的には何の問題もないから押し切って続投するだろうというコンセンサスがあるからでしょう。

今回の問題は次の1~4の4パターンの可能性があります。

1.安倍首相が直接寄付し、安倍首相が「寄付していない」と虚偽答弁している

2.安倍昭恵が寄付したものの、それは安倍首相の代理人として寄付した

3.安倍昭恵が個人名義で勝手に寄付をし、安倍首相はそれをまったく感知していない

4.籠池氏が完全に嘘をついている

私はこの中で、2か3だと思っています。

おそらく安倍昭恵が籠池氏に寄付したことは本当です。

しかしそれは安倍首相の意思ではなく、安倍昭恵が勝手にやったことなのか。それとも、安倍首相は安倍昭恵が寄付したことを認識しており、事実上安倍首相の代理人として寄付したのか、この2通りがあるわけです。

この2つのうちどちらなのかは、安倍昭恵の証人喚問もしないとわかりません。次の証人喚問候補として有力なのは、安倍首相の嫁である安倍昭恵です。

安倍首相にお願いされて寄付したのか、完全に安倍昭恵本人の個人的意思だけで寄付したのか安倍昭恵は公言するでしょう。

前者だったら株価は大幅に下落し、後者だったらうまく逃げ切るかもしれません。

重要なことは、上の1~4どれにしても「法的には」全く問題がないということです。しかし、安倍首相は「全く関与していない」と答弁しているため、2のパターンで間接寄付していたとしたら虚偽答弁をしていたことになります。また法的に問題がなかったのは舛添前知事も同じであり、法的に問題がなくても倫理上の問題として心証が悪くなるのは確実です。

私は2か3に該当すると言いましたが、安倍昭恵はおそらく3のパターンだということで貫き通すでしょう。そうすれば安倍首相は感知していなかったが、安倍昭恵が勝手にやったことでまさに責任転「嫁」で済ませることができます。

余談ですが、この責任転嫁の”嫁”という字には昔から問題が起こったら、それらはすべて家の外から嫁いでやってきた嫁に責任を押し付けるという日本古来からの風習が当然織り込まれている言葉です。Googleで検索すると某知恵袋あたりでフェミニストが「責任転嫁の嫁は”妻”という意味ではない。付け替えるという意味の言葉だ」とフェミニストに都合の良いように嘘を書いていますので注意する必要があります。責任転嫁の嫁はその文字通り”嫁”、”妻”という意味です。

今回の森友学園問題のようにすべて安倍昭恵が悪かったと責任転嫁で嫁のせいにして終わらせるのが日本の価値観だということです。私は株価さえ維持されれば全然それで良いと考えています。

ぜひ安倍首相においては安倍昭恵で最大限「女性の活用」して、この問題を乗り切ってほしいと思っています。