和田政宗議員の強烈な予算委質疑で当サイトへのアクセス数急上昇 和田議員の質問を相当嫌がっている左翼

2018年3月19日(月曜日)の参議院予算委員会において、自民党の和田政宗議員と青山繁晴議員が予算委質疑に立つことは私も知っていました。しかし当然私はその質疑を見ておらずどのような質疑が行われたのか知りませんでした。

後でニュース記事で知りましたので一応ご紹介しておきます。毎日新聞と産経新聞から引用します。

「『やましいことがあれば国会議員を辞める』という決意は、政治家として肝に銘じておくべきこと。その覚悟がほめられるなら分かるが、批判される意味が分からない」。自民党の和田政宗氏は、昨年2月17日の衆院予算委で「私や妻が関与していたら総理大臣も議員も辞める」と語った首相発言を賛美した。

和田氏は冒頭から「書き換えでどれだけ国民を怒らせ、どれだけ国会を空転させたか」「自民党にも官邸にもうそをつき通した」と財務省批判を展開。改ざんについて「官僚の暴走」と指弾する一方、安倍首相側が財務省に「徹底調査」をさせたことが真相解明につながったとの見解を示し、「政治側が官僚の隠蔽(いんぺい)をこじ開けた」と持ち上げた。

一方で、財務省批判は激しさを増した。和田氏は、太田充理財局長が民主党政権時代に野田佳彦前首相の秘書官を務めていたことに触れ安倍政権をおとしめるために意図的な答弁をしているのではないですかと突き上げた。太田氏は私は公務員として一生懸命お仕えするのが仕事と反論し、それはいくら何でも、それはいくら何でもご容赦くださいと顔を赤らめ、首を何度も横に振る場面もあった

出所:毎日新聞 2018年3月19日 https://mainichi.jp/articles/20180319/k00/00e/010/217000c

次に産経新聞です。

自民党の和田政宗参院議員は19日の参院予算委員会集中審議で、改竄の経緯などを答弁している太田充理財局長について「まさかとは思うが」と前置きしたうえで、太田氏が旧民主党政権時代に野田佳彦前首相の秘書官を務めていたことを指摘し「増税派だからアベノミクスを潰すために安倍晋三政権をおとしめるため、意図的に変な答弁してるのでないか」とただした

太田氏は「私は公務員としてお仕えした方に一生懸命お仕えするのが仕事なんで、それをやられると、さすがにいくらなんでもそんなつもりは全くありません。それはいくら何でも、それはいくらなんでもご容赦くださいと色をなして反論した

出所:産経新聞 2018年3月19日 http://www.sankei.com/politics/news/180319/plt1803190022-n1.html

このように思いのほか和田政宗議員の質問の切れ味が鋭かったようで、「和田政宗という議員は一体どこの誰なんだ」と怒り狂った左翼がネットで検索し始めたようです。

そのかわいそうな左翼のうちの一部が私のサイトに漂着してしまったのでしょう。2018年3月19日に和田政宗議員に関するキーワードで検索して私のサイトにランディングしたわけです。

しかし私が書いたその記事は2016年11月の「参院自民党、和田政宗議員の会派入りで過半数の122議席を2議席上回る」というもので非常に古いものです。

当時はまだ自民の会派に入ったばかりでしたが、当然今では和田政宗議員は自民党に入党されています。2017年の衆院選のときには既に入党済みで広報を担当していました。

なぜこのような古い記事にたどり着く左翼が多かったのかとキーワードを拾ってみましたが、「和田まさむね 派閥」「和田政宗議員の会派」といったものが多数あります。

これはつまり「和田政宗議員は一体どこの所属なんだ」という疑問をもった左翼が私のサイトに流入してきたことを意味します。

予想ですが、「安倍さっさと死ね」と普段から吠えている専業主婦のババアが暇なのに自ら子育てをせず保育園に子供を放り込んで育児放棄をしながらテレビをみていて、「予算委で質問に立っている人物は全員アベを追求してくれる」と思っていたら、発言者は安倍首相を徹底擁護。「なぜかアベを擁護してる馬鹿議員がいる!」と発狂したババアが更年期障害や生理障害を起こして「こいつは何者なんだ」と和田政宗議員の所属を検索したという流れです。

もしくは経産省職員が作成したレポートで、「定年退職を境に、日がなテレビを見て過ごしている」と指摘された団塊世代が「安倍首相を擁護しているけしからん議員が質問に立っている」ということで憤死寸前になり当サイトにたどり着いてたといったところでしょう。

もしくは文系なのに大学院まで行ってしまって就職できなくなりフリーターかニートをやっている甲斐性無しが、「3月19日の予算委集中審議でボコボコにされるアベを見たい」とテレビを付けたら和田政宗議員の質疑を目撃してしまい、ネットで調べてつい私のサイトに来てしまったのでしょう。

だいぶ前からわかっていたことですが、当サイトのアクセス解析を見ている限り、当サイトの訪問者のうち半数程度が左翼のようです。どうやら左翼というのは自らの敵となる意見を発信するサイトを気にせずにはいられないようです。

確かに左翼からしたら私はやっかいな存在なのだと思います。

年収も高いし一応そこそこの大学も出てるしということで、低学歴貧乏な左翼からしたら煙たがられる存在です。

そして和田政宗議員自身は、今回の質疑が左翼によって拡散されていることを認識しているようです。和田政宗議員のブログから引用します。

左派系ネットユーザーが私の質問がおかしいと拡散していますが、悪名は無名に勝るので、左派系ネットユーザーの方どんどん拡散してください

https://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12361561401.html

和田政宗議員の質疑をみた左翼がこのように騒いで拡散したことで、その一部が私のサイトに流入していたということで間違いないでしょう。

和田政宗氏は2013年参院選時は自民党所属でなく、また宮城選挙区ということもあって私は投票していません。しかしあの選挙は、既に鬼籍に入った「岡崎トミ子元議員」を落選させたという意味で偉大な勝利でした。朝日新聞が岡崎トミ子の落選について「民主党の顔ともいえる人物が議席を失った」と記事を掲載していたのを覚えています。

また青山繁晴議員については2016年参院選の比例において私は票を入れました。つまり私はこのお二方議員を当然支持しています。

しかし当然ながら参院質疑は見ていませんでした。普段の仕事があるからです。

本来なら支持する保守派こそが自民党議員が質疑に立つ姿を見るべきでしょうが、実際見て騒いでいるのは左翼。

左翼さんにアドバイスしますが、十分な所得と財産があれば、自然と保守思想になります。もうちょっといろいろと頑張って、南麻布に住んでいて安倍総裁の政治団体に毎年150万円寄付しているすぎやまこういちさんレベルの所得と資産まで到達するように、まずは左翼さん自身を立て直すことを考えてみてはいかがでしょうか。